最近ジオラマ作りにはまっています。最新作をご覧ください。

My latest diorama photos.  Please enjoy.

 

20204

Enzo Ferrari and His men: Carlo Chiti

Ferrari 156 F1

Enzo Ferrari and Carlo Chiti are posing behind Ferrari 156 F1, "Shark Nose".  Carlo Chiti joined Alfa Romeo in 1952, and moved to Ferrari in late 1950's.  He designed Ferrari 156 F1, known as "Shark Nose", the first midship for Ferrari, and won 1961 championship by Phil Hill.

エンツォ・フェラーリとカルロ・キティがフェラーリ156 F1、通称「シャーク・ノーズ」の後ろでポーズしています。キティは1952年にアルファ・ロメオに入社しましたが、1950年代の終わりごろにフェラーリに移籍し、フェラーリにとって初のミッドシップ・エンジンF1であるフェラーリ156を設計しました。このマシンでフィル・ヒルは1961年度のチャンピオンになりました。

 

Ferrari 156 F1

Ferrari 156 F1

1961 World F1 Champion Phil Hill.

Ferrari 156 F1

Ferrari 156 F1 

Ferrari 156 has 65ºV6 engine derived from Vittorio Jano at first, but changed to Chiti designed 120ºV6 engine as seen on this model.

フェラーリ156は最初ヴィットリオ・ヤーノ由来の65ºV6エンジンが搭載されましたが、後ほどこのモデルに積まれているキティ設計の120ºV6に乗せ換えられました。

Ferrari 156 F1

Ferrai 156 F1

 

 

掲示された写真は私の想像にもとづくもので、正確な資料にもとづく縮小モデルではありません。

Please be noted that the photographs posted are created based on my imagination.  They are not accurate scale models based on tangible evidence.