最近ジオラマ作りにはまっています。最新作をご覧ください。

My latest diorama photos.  Please enjoy.

20194

Enzo Ferrari and His Men: Vittorio Jano

Enzo Ferrari Vittorio Jano

Enzo Ferrari and Vittorio Jano are standing with Alfa Romeo 6C 1750 GS and Dino 246 gt.

エンツォ・フェラーリとヴィットリオ・ヤーノがアルファ・ロメオ 6C 1750 GSとディーノ246gtとともにポーズしています。

 

Alfa Romeo 6C1750 GS 

Vittorio Jano was a chief designer of Alfa Romeo from 1923 to 1937.  At the period, he designed Alfa Romeo P2, P3, 8C 2300 series, 6C 1750 series, etc.

He left Alfa Romeo and moved to Lancia in 1937.  At the time, Enzo was a racing driver/team manager, and later team owner of Alfa Romeo racing team.

ヴィットリオ・ヤーノは1923年から1937年までアルファ・ロメオ社のチーフ・デザイナーとしてアルファ・ロメオP2P38C 2300シリーズ、6C 1750シリーズなど数多くの車をデザインしました。1937年にランチアに移籍しました。当時エンツォ・フェラーリはアルファ・ロメオ社のレーシングチームのドライバー兼チーム・マネジャー、後にはチーム・オーナーでした。

 Alfa Romeo 6C 1750 GS

Alfa Romeo 6C1750 GS

 Alfa Romeo 6C 1750 GS

Dino 246 gt

Vittorio Jano designed Lancia D50 and entered 1954 Formula 1 series.  However, due to financial trouble of Lancia forced the company to quit racing and all the relevant assets of Scuderia Lancia were given to Scuderia Ferrari.  As a result, Jano also moved to Ferrari.

ヴィットリオ・ヤーノはランチアD50を設計、1954年度のフォーミュラ1シリーズに挑戦しましたが、ランチア者の財政難からスクーデリア・ランチアに関する全ての資産はその人員とともにスクーデリア・フェラーリに譲渡されました。

 

Dino 246 gt

Largest contribution of Vittoria Jano to Ferrari must be the design of Dino series of V6 and V8 engines.  It was said that the idea of V6 engine came from Enzo's son Alfredo ("Dino") Ferrari.

ヴィットリオ・ヤーノのフェラーリに対する最大の貢献は、一連のディーノ・シリーズのV6及びV8エンジンの設計でしょう。V6エンジンのアイデアはエンツォの息子であるアレフレド(“ディーノ”)・フェラーリによるとされています。

Dino 246 gt

Alfredo Ferrari died for Duchenne muscular dystrophy in 1956 at the age of 24.  Vittorio Jano died in 1965, so he may have little to do with the development of Dino 206/246 road car series.  However, it equips Dino series V6 engine on midship.  Body was designed by Pininfarina. 

アルフレド・フェラーリは筋ジストロフィーで195624歳の若さで亡くなりました。ヴィットリオ・ヤーノも1965年に亡くなっていますので、ディーノ206/246シリーズの市販車にはあまり関与していないものと思われます。ただし、このシリーズの車のミッドシップには、ヤーノのデザインしたディーノ・シリーズのV6エンジンが搭載されています。デザインはピニンファリーナ。

Dino 246 gt 

 

 Dino 246 gt

Sergio Pininfarina ia another key person for Dino series.  He proposed Dino Berlinetta Speciale at 1965 (designed by Aldo Brovarone), as a concept car for mid-engine layout road going sports car.  This production design was cone by Leonardo Fioravanti, but apparently based on the idea of Dino Berlinetta Speciale.

セルジオ・ピニンファリーナは生産型ディーノ誕生にかかわるもう一人のキーパーソンでしょう。1965年に彼はミッドシップ・エンジンの市販車のコンセプトカーとして、ディーノ・ベルリネッタ・スペチアーレを提案しました(デザインはアルド・ブロバローネ)。生産型ディーノのデザインはレオナルド・フィオラヴァンティのデザインですが、明らかにディーノ・ベルリネッタ・スペチアーレのデザインを基にしています。

Dino 246 gt Front view 

 

20191

Merry Christmas and Happy New Year

マイクロデポのお正月

Happy New Year 

あけましておめでとうございます

Happy New Year

 

Micro Depot

門松

Pine Tree Gate, a traditional Japanese new year’s ornament.

 

Maserati Rice Cake Ornament

鏡餅とエンジン

Round Rice cake, and an orange on the top, also a traditional Japanese new year’s ornament.

Maserati Biturbo and Spyder

Maserati Biturbo and Spyder

Maserati Biturbo and Spyder 

マセラティ・ビトゥルボ(1982)とビトゥルボ・スパイダー(1985)。

両車のメカニズムはほぼ共通で、アルミ製90V6ツインターボ付きエンジンを、BMWをパクったシャシーに搭載しています。デザインはインハウス。 

 

Maserati Biturbo

Maserati Biturbo Spyder

無駄にゴージャスな内装がビトゥルボ・シリーズの特徴です。

 

Maserati Shamal and Quattroporte

Maserati Shamal and Quattroporte

Maserati Shamal and Quattroporte

Maserati Shamal and Quattroporte

マセラティ・シャマル(1988)とマセラティ・クアトロポルテ(1994)。

クアトロポルテはホイールのスポークの形からすると後期型かなあ。そうだとすると年式も違うはずなんだけど。ま、細かいことは気にするな、って。

両車ともに、ガンディーニ特有の四角いリア・ホイール・オープニングが採用されています。ランボルギーニ・カウンタックと同じですよ!!

 

Maserati Quattroporte

無駄に豪華な内装はクアトロポルテシリーズにもしっかり受け継がれています。あ、この車はマニュアル・シフトだ。

 

Maserati Shamal

一方、シャマルは革製の内装ではありますが、ぐっとスポーティーに仕上げられています。

 

 

掲示された写真は私の想像にもとづくもので、正確な資料にもとづく縮小モデルではありません。

Please be noted that the photographs posted are created based on my imagination.  They are not accurate scale models based on tangible evidence.